自家焙煎を始めて2ヶ月が経ちました。

早いもんです。

コーヒーの焙煎を始めて変わったこと

コーヒーの焙煎を始めて2ヶ月が経ちました。

昨日も400gのマンデリンG1を焙煎したのですが、初期の頃と大きく変わったなと思っています。

使っている器具はカセットコンロと鍋で、こちらはコンロは不調のため買い換えたものの、特に問題なく使っています(とはいえ、ガスがなくなりかけてくると苦戦を強いられますが)。

変わったことといえば、

・豆を品種だけで見なくなった

・焙煎時間などが固定され始めた

・煎り具合を自由に調整できるので浅煎りも楽しむようになった

などが挙げられます。

前は品種だけで見てたのですが、金額を見るとやはりそれなりで特に通販は見えないというのもあって欠点豆の割合が多いです。

昨日焙煎する前に欠点豆を弾いていたのですが、最初に練習用として安い豆を買っていた豆と比べると歴然としていました。

焙煎時間も火力の調整もイマイチわかっていないのもあったので安定しない上、超深煎りばかり焙煎していたのですが、最近は安定しています。

その結果、焙煎の煎り具合も調整できるようになったので浅煎りも作れるようになりました。

浅煎りは深煎りほど流通が多くないので好きなら自分で焙煎するのがいいかもしれませんね。

欠点としては室内で焙煎するとしばらく臭いが取れないことでしょうか。

ただ、焙煎したばかりの物を常に飲めるというのを考えると部屋の臭いとかどうでも良くなります。

今年のバレンタインに自分で焙煎した豆をミルと一緒に送ったら喜んでました。母が。

こう言ったプレゼントにもしやすいのもやり始めてよかったなと思っています。

めんどくさいと思いきや…

私も焙煎する前はめんどくさいんだろうなって思ってました。

だけど実際には冷ます時間を考えても200g20分程度ですし、そこまで面倒でもないです。

欠点豆を取るのが面倒なら取らなくてもいいし、私はウォッシュドが面倒で洗っていません。

ウォッシュドはチャフの量が減るらしいのですが、密閉してやる鍋焙煎は元々そこまでチャフは散らからないです。

意外と有益な趣味じゃないかなと思います。

私的にはキャンプとかのアウトドア趣味の人におすすめです。

外でやると煙もチャフも気にしなくてもいいから。

炭火焙煎とか…憧れるしかっこいい( ´∀`)

女性人口も増えてほしいな〜。

まとめ

今までなんで焙煎しなかったんだろうってくらい焙煎は楽しいです。

【焙煎】という枠ではなく、料理として捉えるととっつきやすいかなと思います。

大豆煎ってるみたいな…。

焙煎人口、最近増えているようで、いつも行っている豆屋さんもそんな話をしていました。

是非やってみてくださいね〜。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です