私が書くことに執着するわけ

スマホやタブレットを持っているにもかかわらず、

手帳やノートのような紙媒体によく何かを書いていることが多いです。

はっきりいうとスマホのメモの方が綺麗だしちゃんとまとめられることは確かです。

メモしたメモを忘れるとかいう典型的なボケもかますこともないし(よくやる)。

買い物メモも紙に書いていますが私がここまで紙に書くことに執着する理由をお話しします。

どうやっても覚えられない

私も一時期紙に書くことなくガラケーなどのメモに書いていたことがありました。

あの時はまだスマホがなかったからなのですが、

その辺りは何かを一切紙に書くということはなかったと思います。

文房具は好きなのに何も書かないというのも寂しいなと思いつつ、

その便利さには変えられないなと思っていました。

だけどそうなるとガラケーを使えない時にメモしたものが見ることができないので

何もできないということが多かったです。



基本メモって保険として書いておくものだと思っているので

忘れられないものは脳のどこかには覚えておく必要があります。

が、ガラケーとかスマホって書くというより『ボタンを押している、フリックしている』

のでその時間は覚えていないんですよね、少なくとも私は。

さらに私は高校生の頃からうつ病を患っています。

うつ病って脳の病気なので記憶力が低下するんですよ。

今となっては知られるようになったのですが、現在でも他の外に出てする仕事は覚えることが困難で、

同じ作業をするとか調理をするような仕事ではないとできません。

なので私はどうやってもスマホにメモしただけでは覚えられないです。

当時何となく思ったことを書きなぐったり電話中にメモしたりしていたノートがあったのですが、

その覚えられないというのに気づいてからはとにかくどこにでも書き込むようになりました。

メモだけでキャンパスノートが一冊なくなる程度には書いた気がします。

何が重要なのかその場にならないとわからないということもあるので完全にメモ魔だったのですが、

今考えると流石にやりすぎ(・∀・)

ただ調べてみると書くって本当に覚えられるらしいので

忘れちゃうって人はスマホより手書きにしてみるといいいよ!

バレットジャーナル が数年前から人気ですが、

あれは生まれつき発達障害の人が考案したもので、やはり覚えられないという障害があるらしいです。

そのため公式の書き方は何度も書いて覚えられるような仕組みになっています。


テニスプレイヤーは字が綺麗だと思う

私は字が綺麗な方ではないのですが、書道をずっと習っていました。

田舎なので高校の書道の先生が小学校から言っている書道教室の先生なんですね。


その先生が言うには手首をよく使う人は筋肉が鍛えられるので

スナップがうまくいくので払いやはねも綺麗なんだそうです。

実際テニス部の女子は字が綺麗でした。

逆に言えば鍛えられなければ字はどんどん劣化していくと言うことです。

書くことが減ったからこそできるだけ書きたいなとも思います。

社会人になってから手書きのものを人前に出すことが増えました。

パソコンが〜効率が〜何の意味が〜と言うことが目につくようにもなりましたが、

同意はしつつもそれはその場で言っても文句にしかならないので、

合わさざるを得ない状況でそんなこともいってられないなら書くしかないです。

私はテニスはできませんからひたすら書くしかないのでどうせなら綺麗な字を書こうと思って書いています。

ところで幼稚園から小学生の男の子の字が女の子よりも汚いのは筋肉に関係していると言います。

男の子の方が筋肉が大きいので手首の筋肉が固くてうまく動かせないのだそうです。

歩いても手首の筋肉が発達してしなやかな筋肉になるのだそうですが、

男の子は女の子よりも走っていることが多いんですよね…。

できるだけ歩かせるようにするといいそうです。


結局単なる文房具好き

書くことに執着する理由はもう一つ。文具好きということ。

社会人になると仕事でもない限り何かを書くということが格段に減るので

文具って買っても使うこともないんですよね。


だけど好きだから買っては増える一方で。

使わないっていうのも一つの楽しみ方だけど

何となくかわいそうなので使うために書いているという感じもあります。

私はペンとノートと手帳が好きなので結果として何か書くということになるんですね。

そんな理由はありつつもノートや手帳に何書くというのは最高の癒しになっています。

まとめ

とりとめなく書いてしまいましたがこれはもう完全に私ごとですね。自己紹介的な…。

時間やカレンダーにも執着しているので手帳に何かを書くのもなんだか自然な感じがします。

無駄を省いていくというのが現在の流れな感じもしますが、それだけだとちょっと寂しい。

手帳人口は今増えていますから、そう思う人たちも増えているのかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です