生豆のコーヒーは発芽させられると聞いて。

ツイッターのフォロワーさんに教えていただきました。

きっかけはツイッター

昨日のことです。外にも極力出れないし、ぼんやりツイッターを見ていたのですが、とあるフォロワーさんはこんなツイートを投稿していました。

発芽しているだと…?

当然私も食いついてリプライしたのですが、思った以上に簡単だったので、やってみることにしました。

あ、ちなみにこの方、YouTubeもやっていますので観てみてくださいね!

これだけ!気軽にチャレンジ!

今日は平日だし天気もいいのでホームセンターに置時計を買いにお出かけ。

一緒に必要なものも買ってきました。

材料は

  • 適当な瓶
  • 液肥
  • コーヒーの生豆

以上!

…うち実家は農家なんですけどね。

こういう時にちゃんと手伝いしておけばよかたなって思うんですよね。

やり方としては、水を瓶に入れて液肥を加え、豆を入れるだけです。

1粒とかじゃなくて1杯分程度の豆を入れると発芽する確率も上がります。

液肥こそ入れないけど、これ…米の発芽みたいだなぁ…。

米も発芽させるために、種もみをネットに入れてでっかい水槽なりプール的なところに入れておくんですよ。

それと同じです。

確かにコーヒーも米も暖かい場所で育つので、そういった発芽のさせ方をした方がいいのかもしれないですね。

乾燥した状態ですし、普通に種まくみたいに土に埋めるのでは日本では厳しいのだと思います。

水が腐敗すると豆もダメになると思うので日陰に置いてます。

発芽したら土に埋めると…。

上手く育ったら途中経過を報告していきますね!

まとめ

まさかそんなことが…と思ったのですが、他の方へのリプライの画像を見るとすくすく育っていました(そしていいねも育ってた)。

コーヒーの木を種から育てるというのもかなり魅力的。観葉植物が好きな人にはいいのではないでしょうか。

上手く育つといいなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です