浅煎りコーヒーのカフェイン効果を見た

自家焙煎で浅煎りコーヒーを作りました。

浅煎りはほとんど飲んだことがないのですが、

深煎りと違う部分が味以外にもあるんです。

元々そのことは知っていましたが、こんなに違うとは思っていませんでした。

子供の寝かしつけでちっとも眠くならない…!

先日夕飯後に何気なく浅煎りのコーヒーを飲みました。

夕飯後のコーヒーは割とよくある話ですよね。

普段は深煎りのコーヒーしか飲んだことがなかったのでそれと同じ感覚だったのですが、

その2時間後にある子供の寝かしつけで変化がありました。


子供の寝かしつけでよくあるのは一緒に寝てしまう、

親の方が先に寝てしまったというのが定番です。

子供の無限の体力に対して大人はヘロヘロ。

私自身も疲れていると寝落ちしてしまって、

いつの間にか横で寝ていた主人のいびきで起きて気づいたら2時なんていうことも時々あります。

そうでもない時もなんとなく目が重くなってきたなーくらいにはなっているのですが、

完全に子供が寝るまで起きていられることの方がほとんどです。

ですが!


その日の私の目は違った。

なんていうかどれだけ目をつぶっててもちっとも眠くならない!



流石に自分が一人で寝る時間にはすんなり寝たかと思うのですが、

それでもなんとなく寝つきが悪かった気がします。普段より夜更かししたし。


これはコーヒーの仕業…!

だけどコーヒーを夕飯後に飲むって結構あることなのに

浅煎りのコーヒーを飲むと眠くならないって何故なのでしょうか。

コーヒーは浅煎りほどカフェインが強くなる

コーヒーは浅煎りほどカフェインが強くなります。

カフェインは高熱に弱いんですよ。

焙煎する時って鍋ですると(鍋かよって思うけど鍋の方が身近な分例えやすいんだよ)

蓋して鍋を温めて熱くなったら豆を入れて蓋して〜ってひたすら豆を高温にしていくんです。

なので深煎りほどカフェインは昇華されていきます。

が、カフェイン量は変わらないという説もあって、

これはどういうことかというとコーヒー豆は焙煎すると膨らんで容積が増えます。

ポップコーンも高温に入れると膨らんではじけますが、見た目はコーンの時より大きいですよね。

なので秤で測るとカフェインは変わらないけど

スプーン一杯で計量するとカフェインの量は深煎りの方が減っているということになります。

入れる豆の粒数が変わるんですね。

それでも私は浅煎りのコーヒーはカフェイン強くなる説を推したいなと。

本当に目がさめるので。

これを応用して浅煎りと深煎りを使い分けることもできますよね。

朝食には浅煎りで眠気を覚まして夕飯はリラックスするために深煎りと言った感じで。

ポリフェノールも浅煎りの方が多いのでそういう意味でも朝に飲むのがおすすめです。

私浅煎りコーヒーを飲む前は単純に私はカフェインに強いんだと思ってました。

どんなにコーヒーを飲んでもすんなり寝てしまっていたので。単に深煎りを飲んでたからなのね…。

まとめ

昔赤い実を食べたヤギがハイになって飛び跳ねていて

それを見つけた人間が炒って食べてみたら美味しかったというのがコーヒーの始まりという説がありまして、

生で食べたらハイになるくらいなので浅煎りコーヒーも眠気が覚めるのはちょっと納得な感じもあります。

もちろん自分の好みのコーヒーを飲むのが一番ですが、

時間によって変えるというのもコーヒーの楽しみ方の1つです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です