家の臭い消しにお香使い始めて2年くらい経過しました。

玄関やらトイレやらに置かれている臭い消しですが、数年前まで結構迷ったりしていました。だけどお香に切り替えてから香りを変えながらも使い続けてます。

お香に変えたきっかけ

お香に変えるまでは竹芯を何本か液体が入った瓶に入れて使うものを使用していました。

見た目もおしゃれでドラッグストアに売ってるものではあっても

結構いい香りで匂いも強すぎないところが気に入ってたのですが、

サンマとかカレーみたいな臭いの強い食事を作るとなかなか臭いって消えないんですよね。

だけどオープンキッチンってリビングと繋がってるから

リビングに芳香剤や消臭剤を置くと匂いが混ざったり強すぎて酔ったりしてきます。

我が家はそんなに大きい家ってわけでもないので一個買うと

大体全ての部屋でちょうどいいくらいの香りが広がります。

だから玄関に一つだけというのが私の中でのルールです。

ある日主人が肩こりがひどいというのでお灸をしてみようということになりました。

その日の夕飯はイワシか何か魚だったと思います。

お灸をしてから就寝、次の日起きてみるとずっと悩んでいた次の日の魚臭さはなくて、

お灸のもぐさの匂いしかしてなかったのです。

火を使うものは臭いが消えるということを思い出して

お香を使ってみるとやっぱり家全体の匂いが消えました。

確か仏壇の線香の由来って土葬だった時代に墓地に行くと腐敗臭や死臭がして

行くと臭いがつくので焚き始めたというのが始まりだったと思います。

墓地の遺体の臭いを消すものだったのだから魚の臭いだって消せますよね。

ちなみに使う前は換気扇を回しても2階まで焼いた魚の臭いがしていたし、

ゴミ箱からさばいた魚の臭いが漂うのでゴミの日の前日しか食べられなかったです。

これがお香を使うことになったきっかけでした。

お香ってどんなものがあるの?

お香って言ってもいろいろ種類があって、

私が使用しているのは和香と言われる日本で作られているお香です。

短めのお線香をイメージしてもらうといいと思います。

この和香は形もいろいろで蚊取り線香みたいな渦巻き型、

そのままお線香だよね?という感じのスティック型、円錐型のコーン型があります。

燃焼時間も渦巻き、スティック、コーンの順に長くなっていきます。

他にはエステバンのようなヨーロッパで作られているお香や紙でできたお香、

東南アジアの寺院にある感じの竹芯にお香をくっつけた感じのお香もあります。

火を使うならどれでも効果はそこまで変わらないかなと思います。

紙香と呼ばれるお香でパピエダルメニィという商品があるのですが、

こちらはまさしく消臭効果のあるお香です。


パピエダルメニイ トリプル [アロマペーパー お香 papier darmenie パピエダルメニィ]
価格:418円(税込、送料別) (2019/11/30時点)楽天で購入


部屋の広さを考えつつお好きなものを選ぶといいのではないかと思います。

竹芯タイプのものはドンキにも売っていて値段も安価なので一番購入しやすいです。

日本のお香やヨーロッパのお香も雑貨屋さんや通販で購入できます。


ここだと結構な種類が揃うので迷ってしまうのですが

支払い方法も豊富だったのでおすすめです。

香皿も種類豊富で可愛いものが多いです。

私も100均の味見用の白い皿でずっと代用してるので何か買おうと検討しています。

お香って習慣付くの?自分で火つけたりして手間かかりそう

お香を焚いて消臭する方法は他の芳香剤や消臭剤と違って

自分で火をつけて使用することになるのですが、たしかに若干手間になるんですよね。

何かと一緒に習慣づけることで有効にお香を使えるんじゃないかと思います。

例えば私は午前中の1日の掃除が終わると必ずつけるようにしています。

掃除機をかけて床を拭いて最後に玄関の棚を拭くので仕上げに近いです。

掃除がおしまいという線引きにもなるので掃除がとても苦手な私は気持ちも楽になりますし、

前日の食事の臭いが残っているなら掃除機の埃の臭いと一緒に消してしまいます。

他に思いつくものでは朝イチとか夜寝る前とか

仕事から帰ってきてからなどでもいいと思います。

そう考えるとちょっといい習慣になりそうじゃないですか?

夜寝る前のお香だとリラックスもできて安眠もできそうです。

使う時ですが火をつけたら吹き消すのではなくて自然に消えるのを、

待つというのが正しい使い方のようです。

夏より冬の方が煙いお香は水につけるとマシになります

実は現在使い続ける前にも何度かお香のマイブームがあったんですが、

気づくことが夏より冬の方がお香の煙さがきつくなるんですね。

乾燥してるからだろうなと思うのですが、

別に家の中を煙くしたくて焚いているわけじゃないので何かしら対処したいところです。

乾燥しているんだから水につければいいだけなんですけどね。

そんなことしたら火つかないじゃんと思いますが、ほんとに一瞬だけ。

竹芯が使われているものはペットボトルに水を入れてそこに一瞬じゃぼっとつけるだけです。

火はちゃんとつくので普通に使えます。

煙さが抑えられて香りが少しクリアに出るので病みつきになる人もいます。

梅雨時のお香は窓を開けて焚くと香りだけ綺麗に部屋につきますから

試してみてもいいと思いますよ。

お香を焚くと匂いが消える理由

なんでお香を焚くと匂いが消えるんでしょう。

お灸でもしっかり匂いは消えたのでお香とかお灸とかじゃなくて

火を使うとにおいが消えると考えていいんじゃないでしょうか。

調べてみるとトイレのような狭い空間ではマッチが匂いを消してくれるんだそうです。

匂いの元のアンモニウムとマッチの成分のリンが化学反応を起こして臭いが消えるという理由。


お香が臭いを消す理由は不明ですが、

ろうそくも消した瞬間の煙の臭いは結構広がりますし、臭いも消してくれます。

煙によって臭いが消えるのであればお香はやはり一番使いやすいのではないかなと思います。

まとめ

若干他のものより手間のかかるお香ではあるものの、

しっかり消臭効果してくれるので気になった方は試してもいいと思います。

値段はピンキリですがお気に入りのお香を見つけて試してみてください。

香りものが好きな人は結構ハマるのではないかと思います。

もちろん火の用心で使ってくださいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です