大人のチョコレート。ローチョコレートを楽しむ

じわじわと癖になる味

焙煎がコツ。ローチョコレートってなに?

少し時間が空きましたが、前回の記事でテイクアウトのお店の話を書きました。

喫茶ピュアさんはTwitterでもフォローしていて、時々出てくるチョコレートがあるのですが、そのチョコレートも販売されていたので購入してみました。

まさかの写真紛失です…。もうやだ。

イメージとしてはバレンタインチョコレートの高級チョコレートが一個だけ袋に入っている感じでしょうか。

追記…見つけたので写真をどうぞ!

そのチョコレートはなんとまさかの手作りです。

ローチョコレートという近年注目されているチョコレート なのですが、カカオを焙煎から作っているらしいのです。

そしてそのローチョコレートとはなんぞや。

ローチョコレートとは、普通、チョコレートの原材料は高温で焙煎されて作っているのですが、ローチョコレートは低温の47度以下でじっくり作られたチョコレートです。

その分栄養価も高いので、健康志向の高い人に注目されているというわけです。

食べてから知った( ・∇・)

チョコレートというとポリフェノールが有名ですし、反対に白砂糖は体を冷やしたり、カロリーの関係から避けられがち。ローチョコレートは白砂糖を含んでいません。もしくは少ない。

高温で作られるときに壊れてしまう栄養もあるのですが、低温ならそんなこともなく、そのまま栄養を取り込めます。

ローチョコレートのローとはraw(生)からきています。

さらにチョコレートの栄養効果が得られるものはカカオ70%以上のものと言われているようです。

大人向けのチョコレートが軒並み70%なのは別に大人は甘さ控えめの方が売れるからとかではなく、体にいいからなんですね。

次で食べた感想をお話しします。

コクがすごい。他のチョコレートとの違い

今回ローチョコレートを食べた感想…

にっっっっが(そりゃそうだ)

小さいけど半分に割って食べたんですよ。横に息子がいたのでね。

私の表情を見て後ずさっていったので結局全部食べました(笑)

ちなみにスーパーとかで売ってるカカオ70%以上のチョコレートに比べるとこれくらい違います。

・後味がくどくない

・苦味は強い

・食べた後に来る酸味が少ない

・見た目はスーパーのチョコレートに比べて黒い

・多分万人受けはしない

ざっくりとはこんな感じです。まずくはなくてちゃんと美味しいです。

かなり大人の味だし、苦味に強い大人が食べても苦いなーと感じますが…。

それと、カカオによっても違うようです。私が食べたのはペルーのカカオ。

焙煎とか産地とかコーヒーとかなり似ている部分はあるので、自分で豆を選んだり焙煎しているならイメージはつきやすいと思います。

ところで、このチョコレートの健康効果、なかなかよくてですね、私はお通じが次の日よかったです。

チョコレートって食物繊維も入ってますよね。

なかなか効果なので何個も手は出せないのですが、機会があったら手にとってみてください。

まとめ

チョコレートを販売されている話はずっと聞いてたのですが、こんなに健康に良いチョコレートだったとは。

昔チョコレートは薬だったとかいう話も信憑性のたかーい経験でした。

また買える機会あったら購入したいなと思います。カフェオレみたいな甘いコーヒーと合わせたいなー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です