大人でもクリスマスは楽しみたいなら手ぬぐいはいかが?

大人しかいないしクリスマスは楽しみたくてもツリーってほどじゃない、
本当にささやかに楽しみたいという方に手ぬぐいがおすすめです。

少し前に密かに流行りましたがとてもいい流行だなと思っていました。

我が家にも手ぬぐい用のフレームがあります。

もう12月なので間に合うかなってちょっと心配なのですが、

読んでみていってください。

手ぬぐいの魅力

前までおばあちゃんのイメージがつきまとっていた手ぬぐいも

100均や手ぬぐいを製造している会社がおしゃれなものや洋風のデザインのものを売り出して

かなり定着しましたよね。

中には何枚か100均で手ぬぐいを買ってきて子供の甚兵衛作るママたちもいます。

寸法が大体決まっているので結構簡単に作れるらしいです。

丈夫なのでちょっとしたお裁縫に最適なんですよね。

手ぬぐいっていうくらいですからその名の通り、

昔は手を拭いたりお風呂で体を洗ったりするものでした。

当然ハンカチがわりに持ち歩いても使えます。

ハンカチより大きいので夏場は大活躍すると思います。涼しげでいいですよ。

すっっごい汗かくっていう人は手ぬぐいタオルなんていうのもあるので探してみてください。

こちら私は夏場手放せないです。

子供の汗拭くのにも普通のタオルよりかさばらなくて持ち歩きやすいです。

ケチャップ柄とレモン柄の持ってます。

デザインもかなり豊富でたくさん売ってるお店に行くと本当にその場にずっといてしまうくらい。

季節ものは日本のものらしく豊富で、伝統的な柄はもちろんクリスマスやハロウィン、

イースターのものまであります。

ハマるとどんどん増えて完全にコレクションと化すので

大人のコレクションとしても良いのではないでしょうか。

私は100均の書類を入れるケースに入れて収納しています。

手ぬぐいを飾る方法

手ぬぐいを飾るのにはいくつか方法があります。

ダイレクトに画鋲で手拭いぶっ刺して飾るのもアリですが、

専用の飾る道具があるので探してみましょう。

大きく分けて2種類あります。一つはフレームに入れる方法、

もう一つは掛け軸のように手ぬぐいを木の棒に手ぬぐいを挟む方法です。

挟む方法の場合は壁に穴開けたりフック貼り付けたりすることになるので賃貸の場合注意が必要です。

フレームは壁に貼り付けることもできますが、床や棚の上に置いて飾ることもできます。

我が家はフレーム型を採用。


壁に穴開けたくない派。

玄関に飾っているので掛け軸型だとドアとか階段の窓を開けると風で

ガタガタぶつかるというのもあったのでこちらにしました。

お値段で言えばこちらの方が高いです。

もう一つデメリットは各メーカーの微妙〜なサイズの違いに融通が効かないこと。

特に100均の手ぬぐいは他のメーカーに比べて若干小さくできています。

そうするとフレームの方が長くなるので白い裏の部分が出てきてしまいます。

メリットデメリットがそれぞれあるのでどう飾りたいかで選んでみてください。

飾る時にマスキングテープがあると便利なのでなかったら一個安いの購入するといいです。


手ぬぐい額縁/木製手拭フレーム/ブラウン【320×870mm】価格:4,305円
(2019/12/1 17:17時点)
感想(95件)


手ぬぐい額縁/木製手拭フレーム(TYPE1)【別注】
価格:5,040円
(2019/12/1 17:17時点)
感想(14件)


【送料無料】◆アート手ぬぐいフレーム (額縁)ナチュラル ATF-8
価格:6,710円
(2019/12/1 17:19時点)
感想(0件)


手ぬぐい タペストリー 棒 マグネット式 木製 木(縦柄用) てぬぐい タペストリー棒 掛け軸 壁掛 タペストリー棒 タペストリー 棒 手拭い
価格:2,310円
(2019/12/1 17:20時点)
感想(3件)


手ぬぐい タペストリー 棒 木製 木(縦柄用) てぬぐい タペストリー棒 掛け軸 壁掛 タペストリー棒 タペストリー 棒 手拭い
価格:990円
(2019/12/1 17:21時点)
感想(75件)


【タペストリー 棒 角型 手ぬぐい用 横飾り】【タペストリー棒 掛け軸 壁掛け 横柄 木製】
価格:2,200円
(2019/12/1 17:21時点)
感想(3件)
こちらは横型の掛け軸タイプ

【四角い タペストリー 棒 手ぬぐい用 縦飾り】【タペストリー棒 角型 掛け軸 壁掛け 縦柄 木製】
価格:1,650円
(2019/12/1 17:22時点)
感想(7件)

意外とある手ぬぐいデザイン

我が家のクリスマス手ぬぐいはリースでしたがクリスマスツリーやサンタ柄もあります。

日本でも大きなイベントになっているだけあってとにかくデザインが多いクリスマス。

手ぬぐいを楽しむのにぴったりなタイミングです。

海外へのお土産でも喜ばれそうな感じですよね。

パーティーだったら横型のを探してテーブルランナーにしてもおしゃれな感じがします。

手ぬぐいのお値段自体は1000円前後なので大きなクリスマスリース買ったり

ツリー買うよりも安いのではないでしょうか。

しっかりしたの買うと長持ちもするけど結構お値段しますよね。

収納も手ぬぐいならたたむだけなのであっさりしたもんです。

だけどクリスマス自体も終わったらあっさりしてるもんじゃん。

ダイソーの書類ケースに入れるだけ。毎月一枚変えても一年分くらいは入るかも

手ぬぐいって日本の建物がどれだけ西洋化しても、

手ぬぐい自体が西洋のデザインになってても建物自体にしっくり馴染むと思うんですよ。

すっごい絵画とか浮世絵とか飾れる家なら飾ればいいけど、

もしそれが我が家にあっても浮いてしまいます。

ごく普通の自宅だから馴染んで上品さを加えてくれるのはとても嬉しいアイテムだと思います。

我が家にある常に置かれている装飾品らしい装飾品はこれだけです。

中身を入れ替えるだけで雰囲気が大きく変わるんだからとてもいい買い物だったなと思います。

まとめ

かなり前から注目を集めている手ぬぐいですが、

クリスマスに使えるものが一枚あるとそれだけでイベントを楽しんでする感じがします。

実は私クリスマス好きなんです。

100均にも毎年いろいろなイベントの商品がたくさん出回りますが、

飾りとはいえ結局毎年買ったり壊れやすかったりしますよね。

何か一個いいものを買うだけで充分イベントを楽しむことができますよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です