夜にもコーヒーが飲みたい。カフェインレスコーヒーってどうやって作られるの?

カフェインレスコーヒーって作れるの?ってかどうやって作ってるの?

夜にコーヒーを飲むと次の日辛い…

数年前から夜にコーヒーを飲むと、次の日に体がだるくて一日中辛いことが増えました。

というかほぼ100%辛いです。

カフェインの影響で寝ることはできるけど、しっかりした睡眠というのが取れなかったんですね。

いろいろ考えた結果、最近は夜間はルイボスティーやハーブティーを飲むようになったのですが、

それでもたまに夜コーヒーを飲みたくなることもありまして…。


最近はカフェインレスコーヒーもかなり増えてきて、美味しいものも増えたようです。

「ようです」っていうのは私がしばらくカフェインレスから離れていたから。

そもそもカフェインレスを飲んでいた頃は妊娠中で味覚も変わったせいもあるかもしれないですが(私はあまり体の変化はなかったのですが)、

あまり美味しくないなーというのが印象でした。



天下のスタバのコーヒーなのに!!

当時の私の周りのコーヒー屋さんでは、カフェインレスコーヒーを扱うのはスタバのみでした。


ところでカフェインレスコーヒーってどうやって作られているんでしょうね。

そもそもカフェインだけ抜き取るってどういうことなの…?

そのお店によってもやり方があって、

スタバでも妊娠中は飲まない方がいいとかそんな噂がありました。

夜のコーヒー飲みたい人向けと思って書き進めたけど、妊婦さんにも需要のある記事かな?

1日2杯くらいなら大丈夫とも言われますが、気になりますよね。

カフェインレスの作り方を今回は書いてみます。

カフェインレスの作り方。自宅では無理です…

カフェインレスコーヒーを作る方法としては主に3つほどあります。

水につけて抽出する方法

コーヒー豆を水浸してから活性炭で濾過する方法です。

こうすることで、カフェインだけが活性炭にくっつくのでカフェインレスコーヒーになるという仕組み。

さらに残った豆を乾燥させてカフェインレスコーヒーになります。

残ったカフェインも他の飲み物の添加物になるようですが、カフェインって目に見えるんだ…。

コーラとか眠気覚ましのドリンクに入っているのかなとも思いますが。

目に見えるカフェインってちょっと想像できないですけどね。

検索するとカフェインの粉が普通に販売しているようです。

薬剤を使う

妊娠中にカフェインレスでもコーヒーは飲まないほうがいいと言われた所以のこの方法。

薬剤を使って取り出す方法なのですが、

少し前までクロロホルムやジクロロメタンなどの人体に影響のあるような薬剤を使ってカフェインを抽出していました。

現在もいくらかあるのかなとも思いますが、

現在は酢酸エチルやトリグリセリドを添加している場合が多いです。

トリグリセリドって何やねん?と思うかもしれないですが、

これはコーヒーカスから取れるものなので特に心配は無いと思います。

環境への配慮からしてもこれなら大丈夫そうですよね。

ただ味はイマイチという声も大きいです。

圧力をかける

コーヒー豆にものすごく高い圧力をかけてカフェインを溶かして抜く方法です。

ナニイッテンダオメェ…


具体的なやり方は、コーヒー豆を機械に入れて物凄い圧力をかけて30度くらいに温めた上で、

二酸化炭素を送り込みます。

そうするとカフェインが二酸化炭素の中に溶けて、

そのタイミングで二酸化炭素を抜くと99%のカフェインが除去できます。

んで、その物凄い圧力っていうのは手でムギューーーーっと豆を押すとかじゃないですよ。

水深7300mくらいの圧力です。

ただ、この方法だと機械のコストもかかるので、結果的にカフェインレスコーヒーも高くなります。

維持も大変そうですよね。

だいたいこんな感じでカフェインレスコーヒーは作られてます。

他にはカフェインレスコーヒーを栽培する取り組みもあるようです。

自宅ではちょっと無理そうですよね…。

人体の影響…とか気になるなら水に漬けた方法か、

圧力をかける方法で作られたカフェインレスコーヒーを選ぶのが良さげです。

ただ、自宅でもできるだけカフェインを抜く方法はないのかー…(´・ω・)

というとそうではなく、少しだけ軽減できる方法ならあります。

まぁそれも少しコストかかりますけど( ̄▽ ̄;)

この方法とはエスプレッソにする事です。

価格はピンキリでいろんな種類が出てますが、

エスプレッソマシンはいいやつだと、車ひとつ買えちゃうので安い買い物ではないです。



ただエスプレッソは圧力をかけて抽出する方法なので、

ドリップコーヒーよりもカフェインが少ないと言われています。

そしてエスプレッソに水を足したのが、スタバにあるカフェアメリカーノです。

ドリップのアイスコーヒーよりもすっきりしていて飲みやすいので、

まだまだ暑いこの夏場におすすめですよー!

まとめ

カフェインレスコーヒーは出始めこそ需要あんのかと言われたコーヒーですが、

妊娠中以外でも体のだるさやカフェインの摂りすぎを軽減できるのはメリットですよね。

焙煎した豆しか買えないことになるので、

インスタントではない限りできるだけ早く飲みきることになるのですが、

毎日夜にコーヒーを飲みたいなら購入する価値はあるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です