和歌山のカフェのランチでジビエが食べられるって知ってる?

数年前に流行ったジビエですが、地元では結構普通に食べられてます。

50年続く地域のカフェ

カフェというより喫茶店ですね。

和歌山市の紀伊風土記の丘駐車場すぐにある喫茶ピュア。

50年やってるのでみんな知ってる。

重厚感が出てくるので近所でもちょっと入りにくかったのですが、

朝Twitterで呟かれるおすすめのメニューが

ランチメニューに牡蠣フライと猪ヒレカツ定食…。

こんなん絶対行くし。

というかいつも朝ツイートされてるの見て美味しそうだなって思ってたんですが、

何かしら理由があってなかなか行けず。

今日はお昼ご飯になりそうなのが何もなかった(笑)

というわけでカフェランチ決行しました。

和歌山って猪が有名で、

私も一度クルマ越しにサツマイモ畑の芋づるを食い漁る猪に遭遇したことがあります。

最初小型のクマかと思いました。

山の方で猪肉の看板がたっていることも多いです。

私のブログで時々見るこの広告



ここのお店の実店舗でもジビエが買えるんですよ。

1袋370円也

結構身近です。

ちなみにこのお店、工場内にある焼肉屋さんも美味しいと評判です。

学校があって田んぼが広がってるめっちゃ生活の場所だけど、遠くから来る人も多いみたい。

昔ながらのメニューが美味しい。

店内に入ってメニューのボードを見せてもらいましたが、

目的はカキフライと猪ヒレカツなので即決。

接客してくれたおばちゃんも早っって思ったはず。

このお店は夜にイベントしてることが多いです。

店内が広いのでいろんなことができるっぽい。


お店の本棚にマッチコレクション
ディスプレイっぽくなってる外のビール瓶がいい感じ

お値段がお手頃なのもあってカレーが人気のようでした。600円だもんね。

結構混んでる印象があったけど料理が出てくるのは早め。



脚開いて撮影したのがバレる

昔ながらの喫茶店のランチ。

昔の喫茶店はよく知らないけど、

昔のドラマとか孤独のグルメではこんな感じのが出てきますね。

いろんな具が入ったお味噌汁付きです。

牡蠣もいい感じに揚がってました。

結構ボリュームあって食べ応えあります。

これ美味しい〜

ジビエもサクサク揚がってて美味しかったですよ。

ヒレなのでクドさや油っぽさもなかったです。

コーヒー付きのランチなので食後はのんびり…ではなく、混んでたのでサラッと飲んだ次第。


喫茶ピュアは自家焙煎のコーヒーを作っています。今日はケニヤ。

ツイートを見るとカカオも焙煎しているようで、

そっちも気になっています。何かの機会に食べられるかな?


まとめ

昔からのカフェだと地域の人の場所に近くて、

なんとなく入りにくい感じの空気を醸し出したりしてますが、

入ってみると実はいいものがあった!ということが結構あります。

喫茶ピュアの前は大きな古墳群を利用したトレッキングができる公園になっているので、

遊びに来てお腹を空かせて喫茶ピュアで休憩ということもできますよね。

そのうちカフェタイムにお邪魔しようと思っています。

喫茶ピュアの定休日は月曜日です。行ってみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です