今年の手帳は大苦戦しています。

ああでもないこうでもないを去年の年末から繰り返しています。

手帳をシステム手帳に戻しました。

年始から使っていたメインの手帳をエディットからシステム手帳に戻しました。

バインダーは去年購入したものです。

今年の手帳は結構買っていて、使い方が確立できないまま右往左往している状況で、大苦戦している状況です。

エディットからシステム手帳にした理由としては、今年はとにかく家の中にいることが多くて空白がかなり多かったことが挙げられます。

自由度がさらに高いシステム手帳にすることで取捨選択がしやすいと思いました。

私の手帳のスペックはバインダーはペイジェムのランディタイプ、ミニ6です。

で、今度はこのシステム手帳は大苦戦しています。バインダーは特に気にならないです。

不満を言うとリング径が小さいくらいですが、ミニ6の中では平均的なサイズなので、これより大きくしようとするとバイブルサイズになります。

問題は中身でして…。中身は全てエトランジェディコスタリカなのですが、万年筆だと裏抜けが酷くてですね…。

字が汚い系

まぁメーカーも万年筆で書くことは想定してないですしね。

広まってきているとはいえ、まだまだマニアック感のある筆記具だし、さっと出してさっと書くと言う場合にはボールペンの方がやはり優秀です。

エトランジェディコスタリカの好きなところはフォントです。

チラチラ見えるけど、こんな感じのフォント使ってるメーカーはなかなかないかなと。

優雅さを出す他メーカーと違ってちょっとカジュアルなおしゃれ感があります。

沼に入るとこんなことまで気になり出す

手帳は昔から好きでしたが、沼にハマるまではこんなことは気にしていませんでした。

その場で書いて終わりなので、抜けようがなんだろうが書ければよかったのです。

だけど万年筆を買って沼にハマるようになると、今まで小さなことと思っていたことが大きく見えるのですよね。

私的には万年筆のインクが抜けない、フォントもおしゃれなリフィルがもっと出てくれたらいいのになと思います。

調べてみると裏抜けしないものはライフや紳士なノートのフリーメモリフィルが強くて、これだと自分で全て書き込んで使うことになるので…。

完全にわがままですが、若い人たちがシステム手帳や万年筆に興味を持ってくれてるなら、そんな感じのが出てもいいのになと思っています。

今年はこれ以上買うのもなんだかなと思うので、ボールペンで書いていこうと思います(´・ω・)

まとめ

システム手帳も奥が深くて、はまり出すと抜け出せない魅力があります。

サイズにしても最近はマイクロ5と呼ばれるミニ6より小さいものも出てきました。

リフィルにしてもいろいろ出ていますので、手帳の中では一番自由度の高い手帳と言えます。

さて、来年の手帳のお金を貯めていくことにします( ̄▽ ̄;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です