コーヒーの自家焙煎の件について〜沼に一緒にハマろうぜ〜

「流石にそこまではな〜」という領域だった自家焙煎ですが

最近あっちこっちのSNSや動画サイトで目につくようになりました。


ちょっと一緒に勉強しません?そして一緒に沼るんだ。

何で突然自家焙煎なのさ?

コーヒーの自家焙煎というと難しいイメージがあります。


ムラなく焼かないとけないし煙も凄いし、

ゴミ(茶布)散らかるし、

1ハゼとか2ハゼとか聞いとかないといけないし、

でかくて本格的なやつをつけないとしたらひたすら振ったり回さないといけないし。

だけど私気づいたんです。

自家焙煎なら好みの焙煎具合に好きなタイミングで自分でできることに。

浅煎り飲みたい時に浅煎りないし、

深煎り飲みたい時に深煎りないしってことがなくなります。

自家焙煎ってだいたい250gをまとめてするんですが我が家はこれは2週間くらいで無くなります。

焙煎機がないもんだから、

なくなったら片道車で30分かけてコーヒー豆売ってるところに

いちいち焙煎したのを買いに行ってたんですよ。

お店に行く前に電話して焙煎してもらっとくのはいいんだけど、

店に行ってみると「こんな豆あったの!?こっちも飲みたい!」ってこともありました。

時間が全く取れないとかお店が休みとか、

とんでもないタイミングで豆がなくなるとかもザラにあります。

今もちょっと危ない。年末年始コーヒー飲めなくなりそう…。

コーヒーの生豆って、ちゃんと保存してると3年は持つんだそうです。

それに比べて焙煎済みのコーヒーは5日くらいが美味しく飲める限度です。

これが過ぎるとあのお湯を注いだ時のもこもこが消えていきます。


そりゃ業務用の焙煎機には家庭用は及ばないかもしれないけど、

正直ちょっと行くのが大変です…。

この行くのが億劫という理由で飲むのをセーブしてることもあるから、

それなら自分で焙煎してしまいたい。だってメリットだらけなんだもの。

自家焙煎の方法

自家焙煎の方法は焙煎機の他にもフライパンや鍋、ザルがあります。

特性上焙煎中にどうしても空気に触れてしまう、

ムラになってしまうというデメリットはあるものの、結構お手頃かなと思います。

IHだめかなーと思ってたけどこれならできるのかもしれないです。

カセットコンロだと掃除もしやすそうですよね。


IH対応 焙煎器日本製 鉄製 IH対応 浅煎り 深煎り コーヒー 豆 自家焙煎価格:4,400円
(2019/12/22 22:28時点)
感想(0件)

こういうのとか。


すでに沼ってしまっている先輩方的にはいまいちのようですが。

一人で細々楽しむならこれでいい感じもします。

鍋とかでずっとやってたらそういうもんだって体が覚えていくもんなんじゃないでしょうか。

やり方としては基本はだいたい全部同じで、

パチパチとした音が聞こえてきたら1ハゼ、更に焙煎し続けてまたパチパチしてきたら2ハゼ。

そこから好みの焙煎具合にしていきます。

火から下ろしたら焙煎がそれ以上進まないようにうちわで飛ばして冷まします。

なんでいままでやってなかった私?

そういうもんだって体で覚えられるんなら、

もっと早くから始めろって話です。

1年前に始めてたら1年分体が覚えるってのに。1年分損した。

まとめ

焙煎しようって決定的に思ったのはとある動画で

15年自家焙煎をしているというのを見てからでした。

その景色が本当に綺麗で、淹れたコーヒーも美味しそうで。

15年はちょっとくらっときました。

もちろんそんな簡単ではないだろうけど、

もう年の瀬ですし何かやりたいと思っている人も一緒にどうでしょうか?

私もやりたい。豆を早速買ってきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です