クラシカル手挽きミルはナチュラルカラーがおすすめだよ

気に入ってるんだけど泣きそう。

キッチンの異変。コーヒーの粉だと思ってたのに…

コーヒーを挽くのにカリタ の手挽きミルを使っています。

https://www.kalita.co.jp/products/handmill/2231

見た目かっこよくてガリガリ削ってくれるのでかなりのお気に入り。

ポーレックスみたいに両手で持って回すっていうのはちょっと難しいのですが、

比較的安定して回せます。

男性なら両手いけるかもしれない。

使用して1年くらいになりますが、

ちょっと最近気になることが出てきました。

え、いやきったな

この汚れです。コーヒーの汚れ?だと思ってました。

私も。だけど最近見てしまったんです。

ミルの底から汚れが出てくるの。

意外と見ないミルの底。

ひっくり返すとこうなってました。

あーこれはアウトやね。

はげてるし。

というかこのミル、最初は3点だか4点に滑り止めのフエルトがくっついてるんですが、

購入してあっという間に取れました。

正直ペラペラのフエルトで、

力のかかるコーヒーミルの滑り止めとして果たして効果はあったのか疑問ですが…。

コーヒーってどこで淹れます?私キッチンなんですけど。

キッチンって、作業台とかできるだけ水分拭き取っても濡れてる場所がちょこちょこあって、

いつのまにかこんなところが濡れてました!みたいな感じになってるのは私だけなんですかね?

油断してると濡れている。

私の使い方がおかしいのかもしれないけど。

フエルトにしても濡れてるところにうっかり置いてしまってのりが剥がれたみたいな感じで取れていきました。

底についている黒い塗装も、

水に濡れることを想定してなくてなんの加工もしていない可能性もあるので、

塗装が取れてだいが汚れたと思われます。

これ、買い替えって考える?

塗装されていないミルをおすすめします

上記のことからミルは塗装されていないものをおすすめします。

特に木で作られたクラシカルタイプのミルは、

昔ながらのデザインを重視して作るので塗装が剥がれやすいです。

これは作ってるメーカーは私は何も悪くないと思ってます。

この汚れを避けるならしっかり作業台を拭けばいいだけの話なので。

ただ、キッチンという場所である以上、

顧客側が濡れることを想定して買うしかないです。

このミルはナチュラルカラーも販売されています。

少し古いタイプなので在庫はもしかしたら少ないかもしれない。

https://www.kalita.co.jp/products/handmill/2232
https://www.kalita.co.jp/products/handmill/3115

私的には濡れることを想定して使うならこちらがおすすめです。

最近はステンレスのミルがたくさん出ているのでそういうのもいいかもしれないですね。

かさばらないのもメリットです。

こちらの透明なものはアクリル。これもかっこいい。


ちなみにミルの選び方はミルの刃や一度に挽ける量などなどの他に、

手元で簡単に挽くサイズを調整できるものがいいです。

ずっと使っているうちにいつのまにかネジが回ってしまって

やたら細かかったり粗かったりということがあるので。

カリタさんも久しぶりに見たら新しい手挽きミルが増えててちょっと見てて楽しかった( ・∇・)

まとめ

まさか塗装されたミルにこんなデメリットがあるとは。

レビューでも見かけなかったデメリットなので、

これは長いこと使わないと気づかないですね。

長いこと使っていきたいなと思っているミルなのでこまめにキッチンは掃除しようと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です