エチオピアの新しいコーヒーができるかも知れない。

クラウドファンティングの紹介です。

誰も飲んだことのないコーヒー、飲んでみない?今日は広告ありません。

まだ知らないコーヒー豆があるって知ってる?

1日に何杯もコーヒーを飲み、

コーヒーを愛してやまない人が多いこの国ですが、

コーヒーの種類はとても多くてまだ飲んだことのないコーヒーもあります。

それもそのはずで、

コーヒーが作られている国って貧しい国が多いんです。

内戦や紛争が多かったり、

発展が遅くて豊かになりたいんだけど、

どうすればいいかわからないみたいな少数民族の人々が生産しています。

フェアトレードなんて言葉が出てきたけど、

そもそもフェアじゃなかったからこんな言葉出てきたんですよね。


エチオピアという国はコーヒー好きなら知っていて当たり前かのような国なのですが、

実はこの国で日本人がクラウドファンティングで支援をお願いしています。

誰も飲んだことのないコーヒーを飲もう。

エチオピアというとモカが有名ですが、エチオピアってコーヒーの生産が世界7位なのにも関わらず、大半を自国で消費しているんだそうです。日本人が朝に静岡産の緑茶飲んで仕事に行くみたいな感じで当たり前かのようにコーヒーを飲んでそのまま仕事に行くという感じの生活をしています。


めっちゃコーヒー作ってるね( ・∇・)ちょっと行ってみたくなった。


で、このクラウドファンティングをしている株式会社Galitebe(ガルテンビ) 代表取締役 柴田悠平さんは、

エチオピアの中でちょうど田舎のコーヒー農家さんで

まだ輸出したことがないお家に突然行って(多分アポ無しで)コーヒーを輸出しようと持ちかけたのだそうです。



エチオピアのど田舎なのでうちの実家のような(山形の豪雪地帯です)日本のど田舎とは違っていて、

あたりを森林に囲まれていて、

農薬もないので完全にオーガニック。

豆は森で作っています。

機械や薬にも頼らない拘りよう。

ガーデンとのミックスから森のコーヒーだけにしたらしいです。

すべて手作業で、アスファルト臭を防ぐべくアフリカンベットにして乾燥させています。

つまりまだ日本人は柴田さんしか飲んだことがないと思われます。

元々田舎の方に行くと没頭できるような仕事がないようなので、

このコーヒーを飲んで消費していくことで現地の人たちも仕事ができることになります。

誰も飲んだことのないコーヒーを飲んでみたくないですか。

私は今すぐ飲みたいです。森のコーヒーとか…素敵やん。

誰も飲んだことのないエチオピア豆のクラウドファンティングはこちらで支援できます。


https://camp-fire.jp/projects/view/224203


ロゴかっこいい!残り1ヶ月なのでぜひぜひ支援してコーヒー飲みましょう!

艶々コーヒー

まとめ

インスタグラム のメッセージでいただいた支援の話ですが、読んでいてとても興味深かったです。

クラウドファンティング自体は眺めていただけという感じだったのですが、

自分たちの手で飲めるようになるコーヒーの種類が増えたら選べる豆の種類も増えるわけで。

あと1ヶ月くらいの期間ですがもう少し支援が必要なようです。応援していきましょうね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です