イチオシスーパーチョコレートはなんですかと聞くとこれが返ってきた

いつでもお取り寄せできるわけでもないし、

毎日お高いチョコレートでコーヒーが飲めるわけでもないので、

スーパーやドラッグストアで買えるチョコレートを買うときに何を買うか迷いますよね。

チョコレート好きは何をすすめてくるでしょうか。

世の中いろんな人がいるもんだ(おまゆう)

某SNSでフォローしていたチョコレートが大好きという方がいました。

本当に大好きで、見たこともないようなチョコレートの写真を毎日アップしていました。

この方がどのくらいチョコレート好きかというと

チョコレートしか食べてないというかチョコレートが主食(ガチ)

何を言っているかわからねぇと思うがry

職場の健康診断で気合を入れて参戦し、

健康ではあるもののお医者さんにドン引きされながら注意される感じの方でした。

ここまでチョコレートが好きだと質にもこだわりたいと思うのですが、

外資系のチョコレートが好きなようで良く食べていました。

でもそれだと食費(?)がかかるので日本のチョコレートも食べることになるのですが、

日本のチョコレートってコストを下げるために植物性油脂がたくさん使われているんだそうです。

海外でチョコレートが有名な国は昔チョコレートの産地が植民地だったため、取引しやすいんですね。

植物性油脂を入れなくてもそれなりの量のチョコレートを作れるのです。

あまり気にすることはなかったけど

原材料名を見ると確かに結構前の方に植物性油脂が使われていると思います。

「探せば植物性油脂不使用の国産チョコレートはあるけど安くて結構どこにでもあるチョコレートはこれしかないし、これしか国産チョコレートは食べない」

と言ってたのはえ、これ!?となる感じのチョコレートでした。


植物系油脂は入ってるけど少ないチョコレートはこれ

最近その方アップしてるの見ないな〜と思いつつ、

熱弁していてめっちゃ買い置きしてたな…と思って私もこの前購入しました。


meitoのアルファベットチョコです。


…意外?チョコの袋コーナーの一番下にあって、

実家に帰るとブルボンとかカラフルなバナナ型のお菓子とともに

仏壇に供えられてるイメージのあるチョコレートです。

子供の頃からずーっとありますが、まさかのこれ。


確かに袋にたくさん入ってて普段食べるのにはちょうどいいなと思うようなチョコレートです。

原材料は入ってる量が多いもの順に表示されています。

公式の原材料を見ても植物性油脂は後ろの方。そしてとてもシンプルです。

アルファベットチョコの他に明治の板チョコやカレドショコラも植物性油脂が入っていませんが、いかんせん主食にするにはコスパが悪かったり保存しにくかったり。だってお菓子だから。ご飯ではない。

ちなみに植物性油脂はかなりの確率でお菓子に入っています。

トランス脂肪酸ってやつですね。毎日食べるなら避けたいところなのでしょう…。

まとめ

コーヒーのお供に良く登場するチョコレートですが、

ちょっとずつ食べやすいチョコレートは重宝しますし、

来客や子供のおやつにも出しやすいです。

植物性油脂が入っていなくてなおかつストックしやすいお菓子なので、

置き菓子として嬉しい存在になるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です